あっという間に夏が終わった。

本当に短い夏だった。

線路の間近で、新幹線を見ているようだった。

あっ。。って言っている間に、通り過ぎて行った。

ここ2〜3ヶ月、色々な場所に訪れ、色々な物を食べた。

その土地その土地の人と会話をした。
改めて、人は食で作られるんだなぁと思った。

今までは自作のズボラ飯を紹介していたけれど、今回はズボラな人間が感動した色んな場所のご飯とおやつを紹介したいと思う。全部で何シリーズになるかはわからない。

頑張って続けてみようと思う。

1.フォー, ベトナム

ベトナム料理が好きな私ですが、実際に行ったことはなく。初ベトナムでした。
ホー・チ・ミンにあった有名な?フォー屋さん。
テーブルには色んな薬味(無料)やおつまみ的な物(有料)が置いてあって、最後にトータルでお支払いする感じ。
スープに牛のガツンとした旨味が溶け込み、米麺がツルツルと口の中を駆け抜けて行きました。こんなに美味しい出汁は初めて。
左上に写っている生の唐辛子がそんなに辛くなくて、10個くらい入れてしまった。

2.ブラックフォレストケーキ, シンガポール

元々はドイツのケーキらしいですが、シンガポールのカフェでいただきました。
リキュールで漬けたブラックチェリーの酸味と口に入れた瞬間鼻を突き抜ける香りがダークチョコレートとぴったり合う!さらに、上に乗っている小さなチョコレート・スプレーのような物が食感のアクセントとなって、二重に美味しかった。
よくあるブラックフォレストケーキはクリームがたっぷりだけれど、これは控えめ。

まだまだ続きます。乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です